敏感肌ファンデーション

敏感肌ファンデーションの選び方

敏感肌になってしまうと、ファンデーションは肌に悪いからつけない人もいますが、炎症などの問題が起きていないなら低刺激のファンデーションを使えば問題はないといわれています。

 

むしろ紫外線や外的な刺激から肌を保護する役割もあるため、ファンデーションをつけない方が外出するときに乾燥やアレルゲン、紫外線などのダメージによって肌に赤みが出てしまうこともあります。

 

乾燥が起きると肌のバリア機能が低下してしまい、肌荒れが悪化したりしてしまうため注意が必要です。

 

ファンデーションといってもさまざまなものがありますが、敏感肌の人はどのファンデーションを選んだら良いのか迷ってしまうこともあります。

 

そんなときの敏感肌ファンデーションの選び方としては、何よりも低刺激ものを選んでいくことが基本とされています。

 

そのため医療分野でも使われている
成分面にこだわったミネラルファンデーションがおすすめです。

 

ミネラルファンデーションは、粉状で使用感が軽いのが特徴のファンデーションです。
成分もミネラル100%のものを選べば肌に合わないといったトラブルは軽減されるとされています。

 

ミネラルファンデーションは添加物が含まれておらず、オイルフリーな製品がほとんどです。

 

粒子が細かいため自然な仕上がりになります。

 

しっかりメイクをしている人には物足りなく感じることが多いと思いますが、肌に合わないファンデーションを使い続けて肌に負担をかけるよりも肌に負担が少なく低刺激なファンデーションを使うことをおすすめします。

 

スキンケア用品をはじめ、ファンデーションなども肌に合う合わないは人それぞれです。
選ぶためには実際に試してみるということが大切なため、気になるものはサンプルなどを使って肌に実際に使ってみることが良いとされています。

 

その際には、腕の内側などでパッチテストを行なってアレルギーがないかどうかを調べてから使うことが大切です。

 

無添加だからといって肌荒れがないわけではないため、まずはトライアルなどの安価なセットで試し
使っていて肌の調子がいいと感じる物を使用します。

敏感肌ファンデーションにミネラルファンデーションが選ばれる理由

ファンデーションは化粧をする前に使用する事で化粧の仕上がりも良くなりますが、敏感肌の方が安心して使用出来るファンデーションを探すのは大変です。

 

ファンデーションは肌に直接塗る物なので肌が弱いとファンデーションに含まれている成分が原因で肌荒れが発生してしまいます。

 

敏感肌の方は使用出来るファンデーションが限られていますが、ミネラルファンデーションが敏感肌でも安心して使用出来る商品として人気です。

 

ミネラルファンデーションが選ばれる理由とは、何と言っても天然ミネラル成分が多く
科学成分を含まず、肌に悪いものをカットされている事と言えます。

 

このおかげであまり敏感肌に負担をかける事がありません。
敏感肌ファンデーションとして購入される方が多いですが、全てのミネラルファンデーションが敏感肌でも安心して使用出来るという訳では無いので注意しましょう。

 

ミネラルが含まれているファンデーションの事をミネラルファンデーションと呼びますが、
ほんの少ししかミネラルが含まれていないミネラルファンデーションも多いです。

 

ミネラルを沢山含んでいるミネラルファンデーションも販売されているのでミネラルファンデーションという名前だけで買わないようにして、配合されているミネラルの成分表を見てから購入するようにしましょう。

 

敏感肌でも使用出来るようなミネラルファンデーションは宣伝をしている場合が多いので調べておけば見つかります。
調べない限りは肌に優しいかわからないので注意するようにしましょう。

敏感肌でもファンデーションしないのはダメ?

敏感肌でもファンデーションしないのはおすすめできません。

 

ファンデーションもせず、外出した場合、顔の皮脂あぶらが酸化したり焼けたりして毛穴を黒くしたり、シミやシワの原因にもなります。

 

基礎化粧品でどれだけケアしても、無意味になります。

 

そして、ファンデーションは保湿や外気からの汚れ、紫外線なども有る程度シャットアウトしているので、塗る方が良いのです。

 

敏感肌ですと、カブレなど気になりますが、無添加化粧品のところから販売されているファンデーションはそういった人にもおすすめです。

 

薄付きなのにしっかりカバーしてくれます。

 

商品によっては厚塗り感があるものはありますが、敏感肌でしたらマットではないパウダリーファンデーションなどを選ぶと良いと思います。

 

今は無添加でもUVもしっかりカットしてくれるものもあります。

 

すっぴんそのもので外出するリスクはとても高く、今はなんの変化がなくても、歳を重ねていくとだんだん表面に表れてきます。

 

シミは特に10年後に表れ始めると言います。

 

1度毛穴が酸化したありして黒ずみができてしまった場合、取り除くのは個人では無理で美容皮膚科などでの除去となり、費用も日数もかかります。
また、紫外線を直に浴びる事になるので、肌へのダメージは凄くあります。

敏感肌にルースパウダーはダメ?

ルースパウダーは本来クリームファンデーションやリキッドファンデーションの後に付けるものです。

 

しかしクリームファンデーションやリキッドファンデーションは水分と油分と粉をなじませるために界面活性剤や防腐剤がたくさん配合されています。

 

敏感肌にはあまり優しいものではありません。

 

敏感肌の人には水分がほとんど配合されておらず、肌に乗せるだけで浸透していかないルースパウダーが適していると言われています。

 

また、油分の多いファンデーションは洗顔の時に肌に負担をかけてしまうため、敏感肌の人にはあまり適していないと言われています。

 

洗顔だけでも綺麗にすることができるルースパウダーの方が肌に優しいのです。

 

ルースパウダーにも様々な種類がありますが、近頃では敏感肌用のミネラルコスメなども種類が豊富になっていますのでそれを選択するようにすることでより一層敏感肌でも安心して使えるようになります。

 

ミネラルコスメは鉱物だけで作られていて界面活性剤だけではなくシリコンなども含まないので肌に優しくなります。

 

ただし鉱物が入っているため金属アレルギーの人は使えない可能性もあります。
まずはパッチテストで自分に合うかどうかを確認してから使うようにしましょう。